« 善意と悪意 | トップページ | こけた »

エコとエゴ

この前、何かのくじ引きで、お買い物バッグをもらったんです。
小さくたたんでかばんの中に入れておくことができるってやつ。
やっぱこのご時世ですからね、スーパーのビニールは使い過ぎないようにしないとですよね。
イケてる(死語)主婦は環境にも気を使わないと!

の割には、かばんにそやつが入ってるのをすっかり忘れてたんです。イケてる主婦は他にも考えることがいっぱいあるんですってば。

で、今日買い物をしてる時に思い出したので、さっそく使用してみることにしました。

そこのスーパーでは、レジそばに「ビニールいりません」みたいな札が置いてあり、その札を買い物かごに入れておけば店員さんはビニールを取り出さなくてすむ、という仕組みでした。そうするとお買い物カードのポイントに5点サービスもしてもらえるのです。元スーパーレジ係(お店、というスーパーではなく『超』という意味でのスーパー)だったもげには、店員さんに無駄な動きをさせずに済んで何重にも嬉しい気持ちでした。

張り切って買い物かごに札を置き、店員さんの「ご協力ありがとうございます!」という言葉に「いえいえ」と返すくらいの余裕を見せてお金を払っていざ袋詰めタイム!
周りのお客さんはみんなビニールをもらっています。ほらほらほらほら君たちがもらっているその化学物質は積もり積もって地球を破壊するんだぞ!また村が一つ死んだ(@宮崎アニメ)って状態になるんだぞ!それに比べてもげさんの優しさってどうだい!グローバルサイズだよ!?懐広すぎ!いいねえ自分!カインドだねえテンダネスだねえ~

と1人浮かれてお買い物バッグを広げました。そう言えば広げてみるのって初めてだ。

小さく畳まれているのをばさっと広げたら。

…小さい…

こんな小さいバッグに入るかよ…


今日から少なくとも木曜日くらいまで持たせるつもりの食材を買い込んでしまったので、とてもじゃないのですが入りきらないのです。

背中にどっと汗が噴き出しました。

いまさらビニール下さいなんて言えないし、でも買った物を全部詰めるのは厳しそうだし…
レジを打ってくれた店員さんの方を見やったら思いっきり目が合いました。
彼の目は「そんな小さいバッグにうちの商品を押し込むなんて極悪非道な輩め」と言っている、

ような気がしました。

とりあえず、今までの買い物テクを酷使して詰め込んでみました。一番上に乗せた食パン(6枚切)が持ち手に押されて変形してるし、無理やり突っ込んだニラが臭います。

そして、かごの中に残ったエリンギと長芋がどうしてもバッグに入らないという結論に達しました。

周りを見渡して「これはちゃんと買ったものよ!万引きなんかしてないのよ!」という顔をしながらかばんに押し込みました。

環境に気を使う余裕がある主婦は、4日分の食材なんてまとめ買いはしないで、毎日新鮮素材を仕入れることができる立場にあるのかもしれない、と思いました。

あぁそうさいっぱいいっぱいだよ!!!!毎日が残虐ファイトだよ○○○キン!!!

|

« 善意と悪意 | トップページ | こけた »

「日常」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/60565/1188882

この記事へのトラックバック一覧です: エコとエゴ:

« 善意と悪意 | トップページ | こけた »