« 格差 | トップページ | 廃棄処理してくれ »

学生王子のセレナーデ

小学校か中学校の時、夕方になるとこの曲がかかっていました。下校時刻のお知らせってやつですね。サン・サーンスの「白鳥」がかかってたときもあったなぁ。

吹奏楽だとユーフォソロがメジャーなのかな?あの甘いメロディはユーフォの豊かな響きだからこそ歌い上げられるものだと思います。

音源がほしいなと思ったのですが、あまりこの曲のことを知らないのでついでに調べました。

ドイツにあるハイデルベルクという都市を舞台にウィルヘルム・マイアー・フェルストという人が著した『アルト・ハイデルベルク』という物語があります。

ハイデルベルク大学に留学したヨーロッパの架空国カルルスブルクのの皇太子カールは、下宿屋の娘キャシーと恋に落ちます。しかし身分違いの恋は叶うはずもなく、カールは心を残しながらも帰国し、2年後、隣国の皇女との婚儀に向かう途中、ハイデルベルクに立ち寄って、キャシーに永遠の別れを告げます。

悲恋ものだ。゚(゚´Д`゚)゚。コレハヤバイ

これを原作にしたミュージカル「The Student Prince」が、1924年ブロードウェイで初演されました。台本と歌曲の作詞はドロシー・ドネリー、作曲はシグムンド・ロンバーグ。27年と54年には映画にもなったそうです(日本公開の題名は「皇太子の初恋」)。

「学生王子のセレナーデ Serenade」は、ある夜、カールがキャシーを呼び出す場面で歌われているそうです。う~んロマンチック!

映画、見てみようかしら。題名になんとなく覚えがあるし…

ちなみに、フランク・チャックスフィールド楽団の演奏が有名なようです。チェック。

|

« 格差 | トップページ | 廃棄処理してくれ »

「音楽(ノンカテゴリ)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/60565/1033044

この記事へのトラックバック一覧です: 学生王子のセレナーデ:

« 格差 | トップページ | 廃棄処理してくれ »