« 申告しなさーい その2 | トップページ | 響け!みんなの吹奏楽 »

サクリファイス

もげ生息地近辺はすごい雨と風です。

掘っ立て小屋な仕事場はドロシーの家のように吹き飛びそうです。

係長が言いました。

「もげさん、ちっと金振込んで来てくれない?この天気じゃ行く気しない~」

( ´゚д゚`)えーーー

だってそれってこないだのコンペのお金でしょ?仕事の振込みならともかくなんでチミの遊興費のために…それに天気のせいって…出かけたくないのはもげだって同じなのに…

でも仕方なくでかけました。だって「ついでに○スドで好きなもの買っておいで」って千円渡されちゃったんだもん…

外を見たらざあざあ降り。置き傘(という名の誰かの私物)を持って外に出て数歩歩いたら、

バキョッ

かさがおちょこ(古)になってビニールが骨から吹き飛びました。骨はバキバキに曲がりました。二本ほど折れました。再生不能。合掌。

急いで仕事場に戻って、今度は自分の傘を持ってリベンジ。突風に抗い、ゆっくりと歩くのでいつもより時間がかかってしょうがありません。実際、傘なんて差していても意味がなく、ジーパンのすねあたりがじっとりと湿ってきたのがわかります。

ようやく目的地にに着いて振込みを終えました。

雨は少し小降りになってきてはいましたが、風はおさまる気配がありません。もう一度傘を差して小走りに戻り始め、仕事場まであと少し!というところで、

メキョッ バサッ

こんどはビニールがどこかに飛び去りました。またもバキバキになった骨だけの傘を見つめて呆然としていたら、雨が突然強くなりました。

猛ダッシュして戻りましたが、髪はずぶ濡れ、服はびしょびしょ。なんでこんなんなるかなぁと情けない気持ちになりながら仕事場のドアを開けたら、

「ずぶ濡れになっちゃったね。ははは」と係長。

…(-"-)

|

« 申告しなさーい その2 | トップページ | 響け!みんなの吹奏楽 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: サクリファイス:

« 申告しなさーい その2 | トップページ | 響け!みんなの吹奏楽 »