« 「らしさ」とは何ぞや | トップページ | 我澳門訪問。 »

大停電の夜に

って映画をやってましたよね。見てませんが。

夜12時過ぎ。パソコンのゲームをしていたら、突然電源が切れました。部屋も真っ暗になりました。

もげ家では時々ブレーカーが落ちるのですが、それってトースターと電子レンジと炊飯器を同時稼動したときくらいで、部屋の電気+パソコン+待機電力もろもろくらいじゃ大丈夫なはずなんです。

相方がブレーカーを見ましたが、落ちていませんでした。

マンションの別の部屋から懐中電灯の明かりが見えました。家の前のコンビニも真っ暗で店員さんがあたふたしています。街灯も近所のお宅も真っ暗。どこかでセキュリティシステムの警報らしき音が鳴り響いています。

停電?

とりあえず懐中電灯を点けたんですが、電気がないということがこれほど不安をかきたてるものだとは思いませんでした。

しばらくしたら、一部の電気が復旧したようでコンビニの電気が点いたのが見えました。だけど家の電気はまだ…

一番の不安は冷蔵庫。牛乳は買ってきたばかりだし、冷凍庫には食材が詰まってるし…いかれてしまった日にはいったいどのくらいの損失になるんだろう、でん○さんはそのへん補償なんかしてくれないんだろうな…と不安はつのるばかり。懐中電灯をたよりにとにかく寝ることにしたんですが、いつもなら布団に入って10分以内に落ちるもげがいつまでたっても寝付けないのです。変な考えはエスカレートするばかり。今度はガスや水道が止まるんじゃないか、大掛かりな泥棒なのかそれともテロなのか…

ほどなくして電気が復旧したとき、心からほっとしました。

そして3分後にはぐぅぐぅ寝ていました。

で、どこのニュースを見てもこのことが載っていないんですが、国家権力という奴でもみ消されたんでしょうか…。

|

« 「らしさ」とは何ぞや | トップページ | 我澳門訪問。 »

「日常」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/60565/1378603

この記事へのトラックバック一覧です: 大停電の夜に:

« 「らしさ」とは何ぞや | トップページ | 我澳門訪問。 »