« 究極の選択 | トップページ | キャメロン監督~ »

似てる

サッカーと吹奏楽って似てるなって思ったんです。

ミーハーですね。この俄かサッカーファンが。

非国民なので、事故日本には期待してません。でも試合は見るんだろうけど。

チームプレイ、という点で共通点があると思ったんです。

選手が楽器奏者で、監督が指揮者だとすると、きのうの試合なんかは能力を持ったプレイヤーが集まってるのに指揮者がうまく曲作りができなくて、最初のうちはプレイヤーの能力で何とか持っていたけど、一度ボロが出ると崩壊しちゃう、みたいなパターンになるんでしょうね。なんか記憶がくすぐられますね。くわばらくわばら。

自分が自分が!という出しゃばりはダメ。

かといって引っ込み思案なのもダメ。

自分の能力を発揮しつつ、周りの人たちとの連携を大事に。

言葉じゃなくて、テレパシーみたいなので通じ合う。

(なんか怪しいな)

素晴らしいゴールみたいに、すぱーんといい音が出たら気持ちいいですね。

|

« 究極の選択 | トップページ | キャメロン監督~ »

「音楽(ノンカテゴリ)」カテゴリの記事

コメント

選手と監督ね、サッカーでも野球でも。
奏者と指揮者ね、これ音楽ね。

結局は本番でどれだけ自由にプレーさせてあげられるか?に尽きるのではないかと、そしてそれだけの稽古(練習)をできるか?が監督かな・・・

難しすぎるね・・・

投稿: take | 2006年6月13日 (火) 21時34分

自由にできる技量と環境。これが揃えばこんな幸せなことはないですよね。

なんかこぅ…にこにこしながら音楽をやれたら…笑ったら吹けないけど…いいなぁと思うのです。

投稿: もげ | 2006年6月15日 (木) 11時28分

確かに似てますねぇ~。
プレイヤー同士のテレパシー、必要ですよねぇ~。
本番前に、息が合うようにまとめるのが指揮者だと思うし、監督だよね。
だって、本番のときの指揮者って、踊っているだけなんだもん。あれ見ておもいっきし笑いそうになったことあります。

投稿: 復活した | 2006年6月15日 (木) 21時55分

ず~と前にアバド指揮、ベルリン・フィルの東京公演に行ったのよ。チャイコフスキーの5番の最後でアバドがニコニコ、コンマスもニコニコ、これスゲーな!!と、思いっきり楽しんでるな~、と。世界一のオケにこれやられたら敵わないな~と。

そんな演奏会をソレイユでやりたいな・・・と。

投稿: take | 2006年6月15日 (木) 22時19分

>復活さま
指揮者が踊っちゃうほどのプレイヤーになりたい!!
そして自ら踊るプレイヤーに(違)

>takeさま
アバド×ベルリンだったら、なんていうかほんとに音を楽しめちゃいますよね、指揮者もプレイヤーもお客さんも。眼福ならぬ耳福…

投稿: もげ | 2006年6月15日 (木) 23時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/60565/2200817

この記事へのトラックバック一覧です: 似てる:

« 究極の選択 | トップページ | キャメロン監督~ »