« キャメロン監督~ | トップページ | 人として… »

おめでとう!

前の楽団で本当に本当にお世話になったO姐さんがお嫁に行きました。

もげは二次会に呼んでもらいました。

天然なOさんと、同じくとぼけたキャラのだんな様。既にボケボケ夫婦でした。

楽器を通じて知り合ったお二人。いつまでもステキなデュエットを奏でてくださいねー!

彼女とのお付き合いの始まりは実に20数年前に遡ります。

とある超有名お菓子屋に勤めていたOさんは、うちに遊びに来るときにはいつも勤務先の商品をたくさんお土産に持ってきてくれました。

なかなかお菓子を買ってもらえなかったもげと妹は(別に貧乏だったわけじゃないぞ)、それを分け合って大事に大事に食べたものでした。どれもとてもおいしくて、なくなってしまうのがもったいないなぁと思ったことを覚えています。

Oさんは、もげと妹が書いた『○○○(勤務先の会社名)のおねえさんへ』というお礼の手紙をずっと持っていてくれたそうです。

時は流れ、彼女と一緒に楽器をやれることになったとき、音楽に対するストイックなまでの姿勢と熱心さに一時は圧倒され、半ば反発に近いものを覚えたこともありました。

当時の彼女の年齢に近づいた(いやほんとは同じ年になってる^^;)今、自分が持っている熱意は彼女のそれの半分にも満たないんじゃないか…?と思ったりするのです。

仕事のせいとか、年齢のせいとか、そういう問題じゃなくて、自分の中で音楽をどのくらいの位置に置くのか、ということが大事なんだと思います。

音楽も大事だけど、生活もしなきゃいけない。仕事もしなきゃいけない。

社会人をやりながら音楽をやる人が誰でも一度はぶつかる壁だと思います。

しかし、Oさんはそれを乗り越えて音楽に没頭していました。

それでいいのかー!?という突っ込みは、今考えるとうらやましいだけだったのかもしれません。

彼女が同じ音楽を大事にするお相手とめぐり合えたのはとってもラッキーなことだと思います。お互いの大事なものが共通するしているということは、それだけですごく幸せなことなのですから…

|

« キャメロン監督~ | トップページ | 人として… »

「日常」カテゴリの記事

コメント

それでいいのかー!って私も密かに思ってた。
Oさんの幸せとか喜びとかって、私とかが思う違う次元にあるのかなぁとかも思ったけど、やっぱりオンナの幸せもちゃーんと掴めて本当に喜ばしい。優しくて、芯のあるOさんには是非是非幸せになってほしいものね。
今度二次会の写真みせてねー。

投稿: 同行 | 2006年6月22日 (木) 09時05分

>同行さま
やっぱ思ってた?
でも音楽と同じ、いやそれ以上に大事に思えるお相手とめぐり会えたってとっても幸せなことだと思いますわ。
二次会には懐かしいお顔(○っしーや写真館のオヤジ殿、主任などなど)がたくさんいて、それも嬉しかったなぁ。
しかし。例によってキャメラを忘れた私は撮られる専門でした 汗

投稿: もげ | 2006年6月22日 (木) 13時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/60565/2292213

この記事へのトラックバック一覧です: おめでとう!:

« キャメロン監督~ | トップページ | 人として… »