« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »

プルートーというのはディズニーではなくて

太陽系惑星から除外されちゃったそうですね、冥王星。

学術的にはハブられたわけですが、もげとしては「細かいことにはこだわらないでこれからも仲良くやっていこうよ!」と思ったりするわけです。別に冥王星とは友達じゃないですけど、宇宙規模で見たらご近所さんですからねえ。

「冥王星は他の惑星と軌道が違うから惑星とは違うんじゃね?」という疑惑は以前からあったわけで、そもそもひろ~~~い宇宙のイチ生命体にすぎない地球人が惑星の定義うんぬんを論じることがなんだかすごく偉そうに思えて、だいたいもげが「水金地火木土天海冥」で育っちゃったわけですから、(結局自分のわがままで)今回の騒動は何となくお笑いを見ているような感じで眺めていたわけです。

それで、ミーハーな地球人が飛びついたのが「冥王星」という曲。

今朝のニュースでも取り上げられてたし、ネットでも話題になってますね。

いきさつをご存知でない方やネットニュースを見るのがめんどくさいという方のために補足すると、ホルスト作曲の「組曲『惑星』」が「海王星」までで終わってしまっているために、2000年にマシューズという作曲家(一応ホルスト研究の第一人者らしいです)が後付けという形で「冥王星」を作曲したわけです。どうもこの人、前曲「海王星」のコーダも勝手に編曲したらしいです。発表当時は見向きもされなかったんですが、今回の一件で、太陽の光がほとんど届かないという冥王星にやっとスポットが当ったんですね。マシューズさんはウハウハでしょうな。

ずいぶん前(もげねっとが風呂になる前)にこの話題は書いた記憶があるんですが、どう聞いても蛇足だなぁと思っていたら、これで名実ともに蛇足な作品になっちゃったわけですね(笑)

まぁあれですね。ホルストの作品とは別物だと思って聞いたほうがいいのかもしれませんね。

終曲「海王星」の宇宙の彼方に消え去っていくようなエンディングがなんともミステリアスで、未知の世界に思いを馳せたホルスト氏の想いが伝わってくるような気もするので、これ以上続けられるとかえって興ざめじゃん?と考えるわけです。

それに「未完成」を捕作するとかいうのとは違って、ホルスト氏的には「海王星」でひとつの作品として完結してるわけですから(作曲当時は冥王星が発見されてなかったというのは有名な話)、いくら天文学がそうだからって杓子定規に「冥王星」を後付けする必要はないんじゃないかと。

この駄文を書くためにいろいろ調べたら、ホルスト氏はこの曲の演奏に当って全曲演奏にこだわっていたそうです。ガッ!吹奏楽業界じゃこのお約束を無視しまくりじゃん!あぁ面目ない。楽器編成を遵守することも明言してたそうです…オケものの割には管楽器が多めで、あの独特のサウンドは管があってこそだったのかぁ。納得。

ま、これも宇宙規模で見たらどうでもいいことなんですがね。

誰でも太陽系へ出かけられる、なんてことはずっとずっと先になりそうなので、宇宙船に乗った気分で「惑星」を全曲ぶっ通しで聴いてみるのもいいかもしれないですね。

個人的には「土星」の最後に響くC、G、H、Eの和音が好きです。オルガンがCを重低音で鳴らしてくれたら最高!え?変?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

子猫を投げ捨てる作家

背筋が寒くなるような記事が日経新聞に載っていました。

坂東眞砂子さんという作家の文章です。

人の考え方は様々ですが、私には本人も認識しているように「鬼畜」の発言としか思えません。そして世論の流れから見て叩かれるのが必然の文章を掲載する新聞社にも疑問を持たざるを得ません。ちょっと長い文章ですが、読んでみてください。

続きを読む "子猫を投げ捨てる作家"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

iPod

超初期型なんですが、iPodを持っています。

たまに電車で出かけるときは、必ずといっていいほどお供にします。

吹奏楽曲をひとまとめにして突っ込むことにしました。

家にある吹奏楽のCD。枚数は多いもののいわゆる名演というものはほとんどありません。まぁ通販で買ったものとか自分らの演奏ですからねえ…

でもまぁ、聞くことに意義があるわけで、好きな曲をチョイスしてみました。とはいえまだ途中経過ですが…

続きを読む "iPod"

| | コメント (4) | トラックバック (1)

ロゴ作り

楽団の冬のコンサートの運営プロジェクトをやっています。

やってみなきゃわからない運営の大変さ。考えてみるとあれもこれも、と課題は山盛りです。

何といってもクリスマスイヴに挙行するというわけですから、来ていただくお客様に楽しんでいただくのはもちろん、プレイヤーも演奏に専念できるよう今から企画を進めています。

今のところのもげの担当は印刷物。勢いで名乗りをあげたものの、限られた予算内でいいものを作るというのは本当に大変です。

それに、印刷についてもデザインについても当方ド素人なわけですから。

デザインはプロの方や心得がある人に頼めばいいのですが、コスト削減のため、とりあえず自分で作ってみようと、いろいろネットを徘徊して情報収集をやってみました。

すると!最近は便利ですね。フリーソフトが配布されているのです。フォトショップやイラストレーターを持っていなくても、これならなんとかなるのです。

で、そのフリーソフトでコンサートのロゴをいくつかこしらえているところなのですが…

自分のセンスのなさにげんなりするばかりです。もう萎え萎えです。

試作品がこれ。

Aa

見てて目が回るわこれ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

主婦だからね

ちょっと前までは、ほしいものといえば洋服やCDなど「自分のもの」が中心でした。

ダーマ神殿で主婦にジョブチェンジしてしまったもげの物欲を刺激するものは「生活用品」。その中でも特に胸キュンしてしまうグッズはあの「日本○販」にあったのです!

前に、行くとどうしようもなく物欲を刺激される場所として「東急ハ○ズ」をあげましたが、「日本直○」も危険です。CMを見るたび、大げさに驚いたり感動したりするお兄さんお姉さんと一緒に「おお!これはすごい!」と心躍らせてしまっているのです。HPなんか見たらなおヤバし。

数ある胸キュングッズの中でも、特にほしいのは以下の3点。

続きを読む "主婦だからね"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

教えることの難しさ

楽団では、コンミスという大役を仰せつかっています。

この前の練習の時、指揮者の代わりに前に立って指導をやったんですが…

自分の力量のなさを痛感してけっこう落ち込みました。

いや、ないのは前からわかってたんです。

続きを読む "教えることの難しさ"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

味噌一

味噌一。それは一生に365日しかないのです。

この365日間、人は何を思い、どのように生きるのでしょうか。

もげは随分前に「味噌一になったら『サーティーワン』のアイスクリームを全種類食べてやろう」と心に誓いました。

そして今。悲しい大人になったもげは、そんなことは夢のまた夢に過ぎないということを痛感せざるを得ませんでした。

体脂肪率、体重計、服のサイズ…という嫌なキーワードが頭の中をぐるぐるするのです。

そう、今日はもげの誕生日。

31歳になりました。

でも、忘れないで下さい。

1945年のこの日にあった出来事を。

生息地で町内放送が流れ、鐘が鳴りました。唯一の被爆国である日本人ができることは、全力で反対すること…なんですよね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

静岡市は何県にあるでしょうか?

仕事場では暑気払いと称して、夕方早い時間から飲んだくれるわけです。

飲むとおかしくなる皆々様。狙ってるのか天然なのかわかりませんが、面白いからよしとしましょう。

話題は市町村合併のことに。一番大きい自治体の名前を使うところもあれば、まったく違うしゃれたネーミングを考えるところもあるようですね。

自分と関わりのある地域でなければ、合併と言われてもぴんとこないのが実情で、これを見て初めて合併していたことを知った地域が多いのです。

話を戻して。

突然、I森さんが言い出しました。

「ねえ!静岡市って何県!?」

ねえねえそれって狙ってるの?

一瞬酔いが醒めたような顔になる一同。

「静岡市は…静岡県だろ」珍しく所長が突っ込み。静岡出身のI藤さんが渋い顔。

「へえ~!知らなかった!メジャーなの?」空気の読めないI森さん。

「…県庁所在地だってば」I藤さんが憮然として突っ込みます。

「へえ~!浜松だと思ってた」うん、それはありえる。

でも静岡市は静岡県にあるってくらい、5×年も生きてればわかるでしょうに。

まぁ、神奈川・静岡・山梨の県境は分かりづらいからね。

でも静岡市は静岡県にあるんだよ。そこんとこ4649。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

朗報

ちょっと前に聞いた話なんですが。

楽器演奏者専門の歯医者さんというのがあるらしいです。

実際に吹きながら歯並びを調整して、一番いい状態にしてくれるのだそうです。

もしかしてこれって・・・もげにとっては救いの神かもしれません。

続きを読む "朗報"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »