« 関西旅行・2 | トップページ | 関西旅行・3 »

カンオンじゃ歌えないのよ

×ふぁーそらみーれー どーれみしーらー らーしどれーみふぁそーふぁそらーそ

○そーらしふぁーみー れーみふぁどーしー しーどれみーふぁそらーそらしーら

×どれみれどれーしらー れみふぁみれみどしーどーれー

○れみふぁみれみーどしー みふぁそふぁみふぁれどーれーみー

譜面に「ど」って書いてあってもほんとの音は「しの♭」。

「ふぁ」は「そ」

管音で歌おうとするとどうしても「れ」を「ど」で歌ってしまう。

音符を見て頭の中に浮かぶ音と実際に出る音が違う。

ピアノとかエレクトーンを習った経験があるC管ユーザじゃない人って、普通にこの切り替えできるのかな。

もげが頭が固いだけなのかしら…嗚呼。

|

« 関西旅行・2 | トップページ | 関西旅行・3 »

「音楽(ノンカテゴリ)」カテゴリの記事

コメント

あはは~ 難しいだろ~(笑)
これ、井上先生に教わったの。
ある中学校のレッスンでみたのよね~。

投稿: take | 2006年11月 7日 (火) 20時44分

うーん、長年やってる楽器の基準が頭の中の「ド」になるから、逆にライブとか言って、ステージの上の人がちょっと「ラ」の音頂戴とか言ってるのを聴いても私にはラに聴こえなかったりするよ。
そんな訳で、ギターのコードもずれてるので、こりゃ無理だと断念した過去あり。そもそもfコードが押さえられなかったので無理なんだがね。

投稿: 同行 | 2006年11月 7日 (火) 22時35分

私はB♭管の楽器で楽譜はin Cのなのですが、チューニングの音は実音の「シの♭」と読んでます。Tbを始めた頃は「ド」で読んでいて楽譜も管読みしてました。
昔、Tb吹き何人かでチューニングの音はシの♭で読むかドで読むかで熱いトークになったなぁ(笑)。

投稿: ともこ@製図問題は難しい>< | 2006年11月 7日 (火) 23時19分

普段から大疑問だった話題なので思わず参加。
B♭管吹きの人は混乱しないのかな~、と普段
思ってたわけですよ。やっぱり混乱するのね。

ところで、クラ吹きもげさんに、
もひとつつっこんだ質問。
A管やE♭クラだと、譜面がド、指使いもB♭管でいうド、なのに出る音はAだったりE♭だったりするわけですよね?
すごい混乱しないのかなあ?と…。
金管は普段から同じ指、ポジションで違う音出るから、あまり気にしたことないんだけど。

投稿: 床in青森 | 2006年11月 8日 (水) 09時50分

>takeさま
やはり井上先生仕込だったかー!超混乱します!
みどみ みどみ ふぁみれどしどれ れそそそ…?
ああー!やっぱりできない!!!

>同行さま
わかるわかる!「ら」出してって言われてるのに「そ」じゃなくて「ら」が出てるのが変な感じ。実音で、とか管音で、とか言われないととっさに脳内変換できないのよね…

>ともこさま
そういう経緯がある人だとますます混乱しそうですね。
「ど」のポジションは一番手前じゃない…手前なのは「し♭」…
Tb吹きならではの混乱かもしれないですね。

>床さま
初めて音符に接したのがピアノで、調音とかを叩き込まれるとこういう羽目に陥るんだと思います。普段吹いてても頭の中には実音しか流れないので、いざ管音で考えようとすると軽くパニックになったりします。

で、ご質問の件ですが…
混乱しますね。特にA管を吹いたとき。チューニングなのにど♯を押さえなければいけないあの違和感といったら…
あと、A→B♭に移調して譜面を書き換えたときも苦労しました。Aの譜面を見て頭の中で実音を鳴らしてBに置き換えて書いていく…1小節に10分くらいかかったのに吹いたら間違いだらけ。へこんだ思い出もありますよ。

投稿: もげ | 2006年11月 8日 (水) 11時04分

この話題。超面白い(笑)
俺は混乱しまくってるけどね(爆笑)
まぁ、音が分かってれば問題ないんだけどね、合ってればね。音階できてりゃ問題ない。

投稿: take | 2006年11月 8日 (水) 18時40分

>takeさま
くぅ 人のことだと思ってえええ!
でも、実音と管音の切り替えがうまくいかないとチューニングがうまくいかない、と聞いたことがあるんですよね。これはゆゆしき事態…と自己防衛の伏線を張ってみたりして…

>床さま
なぜ床なんだろうと考えながら家に帰ってきて(上のコメントを書いたときは半分寝ぼけてたので)、オンザフロアーじゃないということがわかりました。ご無沙汰しております。ウシシ。

投稿: もげ | 2006年11月 9日 (木) 00時26分

正解。オンザフロアーも久々に聞くフレーズ。ご無沙汰。牛し。

やっぱり大変なのね。ちょっとすっとしました。
私も頭の中実音で鳴るし、聞こえてくるのは実音でドレミなのですが、旦那は譜面を見ても頭の中で音が鳴らないし、聞こえてきた音の高さそのまま歌えるのに、実音でなんだかわからないんだそうです。
私には不思議な世界なんだけど、こういう人なら管音で歌うのもすらっとできるんでしょうね~。

投稿: 床 | 2006年11月 9日 (木) 10時15分

>床さま
ピアノを長年やった弊害なのでしょうなぁ。
役に立つことも多いけど、困ることもあるわけで、でも身に染み付いちゃったものはどうしようもないわけで。
でも逆に、管音に慣れている人は実音の切り替えが難しいという話も聞いたことが。どっちもどっちなんだなぁ…

投稿: もげ | 2006年11月 9日 (木) 14時32分

実に面白い!!(笑)

でもね、「管音で歌う」これ大事なのですぅ。


笑うぅ~

投稿: take | 2006年11月 9日 (木) 18時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/60565/4096295

この記事へのトラックバック一覧です: カンオンじゃ歌えないのよ:

« 関西旅行・2 | トップページ | 関西旅行・3 »