« 100円ぱんつ | トップページ | 訃報 »

詞に曲を 曲に詞を

「千の風になって」がオリコン1位になったそうですね。

そんなの前から知ってたよ、というもげは中二病(わからない人は調べてみてください)かもしれませんが、どうせならきれいに韻を踏んでいる原詩にメロディをつければよかったのにねえ、と思います。もちろん日本語詞も素晴らしいとは思いますが…

よくあることですが、元々完成品であった詩に後付けで曲をつけること、逆に既成の曲に歌詞を乗せることはすごく難しいことなのではないかと思ったりします。

前者の場合は言葉のリズムを崩さずに不自然でないメロディラインをつけること、後者の場合は一つの詩としてある程度つじつまが合うように言葉を乗せていかなければならない…

「千の~」を聞いているとどことなくぎこちなく感じるのはそのせいもあるかも?

後者の最近の例はやはり「Jupiter」ですかね。あれも歌詞をよーく見ると?な部分がある気が。

歌詞とメロディはほんとに密接につながっていて、どちらも素晴らしい!と思える作品がなかなかないと思うのはやっぱり中二病なんでしょうか…

いやね、「中二病」のまとめサイトを見て大笑いしちゃったんでそれっぽいことを書いてみたかっただけなんです。

「千の風になって」も「Jupiter」もすてきな曲であることは間違いないです。

|

« 100円ぱんつ | トップページ | 訃報 »

「音楽(ノンカテゴリ)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/60565/4953592

この記事へのトラックバック一覧です: 詞に曲を 曲に詞を:

« 100円ぱんつ | トップページ | 訃報 »