« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »

空気は正常に清浄に

仕事場の足拭きマットやらなんやらを新しい会社からレンタルすることにしたら、そこの営業さんが空気清浄機を(期間限定ですが)貸してくれました。

その会社の最新機器。埃もタバコの煙も花粉も嫌なにおいもがつがつ吸い込み、きれいな空気とマイナスイオンまで出してくれるというのです。しかも、空気の汚れを自動感知して運転の強さを調節する機能もあるんだそうです。さらに、24時間つけっぱなしでも消費電力は蛍光灯一本分程度。こりゃ営業さんが熱く勧めてくるわけだ~。

そもそも蛍光灯の電力消費量なんか知らないんだけどね

自分がいない間に事務所に異変があると徹底的に詮索する所長。もげはマシンについて出所から機能、使い方まで事細かに説明しなくてはなりませんでした。

人がわさわさと動くとセンサーが反応し、ランプがつきます。ついているランプの数が多いほど空気が汚れ、マシンはばりばり動いているわけです。

もげの席からランプが見えるので、つくとすぐわかるのですが…

重大なことに気づきました。

所長がそばを通ると、とたんにランプがばばっとつきまくるのです。

いや たまたまかもしれないんだけど…

嫌な臭いもがつがつ吸い込む…

嫌な臭いもがつがつ…

所長の周りには嫌な臭い…?

所長は嫌な臭いを出してる…?

(゚Д゚;)

所長!早くお風呂に入ってください!

※作者注:所長はお風呂嫌いで有名です。噂が本当なら、彼は今年に入ってから7回くらいしかお風呂に入っていない計算になります

そのことで気を揉み始めたら、現象に課長が気づいてしまいました。

「○○さん(所長)!○○さんが通るたびにあのランプがついてるよ!」

「え~!オレ、この前風呂入ったばっかりだぞ」

「いつ?」

「先週の金曜」

マシンがビービー言い出してもおかしくない状態だったわけですね。

まぁ、ね

お風呂にいつ入ろうがその人の自由なんですけど、ね。

トイレの手ふきタオルが真っ黒になるのはなぜなのかな、と。

| | コメント (0)

うまくなりたい

諸事情で、尊敬するプレイヤーさんと同じパートで吹けることになりました。

10年くらい?ブランクがあるのに、あの音は何でしょう…深みのある音。クラらしい音って、ああいうのを言うんだろうな…

席を代わるべきではないかと申し訳なく思うことしきり。

自分は一度もうまいと思ったことはないし、どうしてあの席に座らせてもらっているのかいまだに謎です。世界7不思議の8番目に加えてもらいたいくらい謎です。

と弱気なことを言っても仕方ないので、まずは譜読み。楽器は吹けないのでとにかく音を頭に叩き込むことから始めています。あとは全体の雰囲気や流れを読み、自分の役割を考えながらスコアとにらめっこ。

今回は指も難しいし表現も手こずりそうな曲ばかり。自分が自分のためにできること、パートや楽団全体のためにできることってなんだろう?と考えているこの頃です。

パート練やらなくちゃなぁ…

| | コメント (0)

誰なのですかー!

しばらく前のこと。

家に帰ってきたら、宅急便の不在票が来ていました。

荷物を持ってきてくれたドライバーさんの名前に驚きました。

だいぶ前に知り合いだった人の名前でした。

その人のことを嫌っているわけではありませんが、正直苦手なタイプ。その人が何の仕事をしているかは知りませんが(というか興味もないことですが)、うちの場所を知られてしまうのはちょっと嫌だなぁと内心思ったわけです。

後から荷物を届けなおしてもらいましたが、その人の制服には違う名前のネームプレートがついていました。

本人なのかな?という疑問は残りましたが、やっぱり興味もないことなので忘れてしまっていました。

続きを読む "誰なのですかー!"

| | コメント (0)

連続コーヒー3杯

事務所とかに置くコーヒーメーカーの営業さんがやって来ました。

簡単に短時間で淹れたてコーヒーが飲めるわけです。

お姉さんが満面の笑顔で言うわけです。

「コーヒーもぉ、何種類もあるんですよぉ」

勧められるがままに3杯。

仕事中の唯一の楽しみ、ランチタイムがもうすぐだというのに、胃がもたれて仕方がありません。

契約する可能性1%以下の体を張って営業さんに対応する姿勢…

お人好しにもほどがあるっていう好例ですね。

| | コメント (0)

楽器が吹けるということ

長年楽器をやっていると、できて当たり前になってしまうわけで、どうやって音を出すのかとか指がどうとか、もはや無意識の域になってしまうわけです。

相方は以前らっぱを吹こうとしたのですが、口の形が合わないらしくろくに音が出なかったことが癇に障り、せっかく楽器を買ったのに放置していました。

友人J氏はアルトサックスを買ったのですが、せっかく買った楽器をけちょんけちょんにけなされて凹み、放置していました。

相方は「イン・ザ・ムード」を吹けるようになりたいそうです。

J氏はラピュタのアレ(パズーが吹いているやつ)を吹けるようになりたいそうです。

二人は楽器を交換しました。

もげ立会いの元、二人して音を出してみました。

相方はまだアンブシュアが固まらないものの、なんとかドレミファソラシドの音が出ました。

J氏はいきなりB♭を出しました。バズィングの説明もおぼつかなかったのに。

嬉しそうな二人を見ながら、クラリネット歴19年目に入ろうとするもげは思いました。

こういう感動って、いつの間にか忘れてるもんだな、と。

初めて音が出たときのこと。「そう!それがドだよ!」と言われたときのこと。

ああいう新鮮な気持ちって、音楽をやっていく上で、忘れちゃいけないことなのかもしれませんね。

音を出す上での基礎(腹式呼吸とか)も、無意識にやっているからこそ、他人に説明するのは難しく、相方がやたら大きな音が出るのを気にして(公園でやっていたもので)「どうやれば音が小さくなるの?」と聞いてきたんですが、もげはうまい説明ができませんでした。これは要復習だなぁ…

まずはティッシュ練習!?

| | コメント (1) | トラックバック (0)

変なところで笑った

秋吉久美子さんが3度目のご結婚をされるとかされないとか。

まぁいいですよ。ご本人の人生ですからね。パートナーがいるというのはいいもんです。

いや、私が笑ってしまったのは、

>東京・ル・テアトル銀座で行わている主演舞台『恋のカーニヴァル』の終演後に記者会見に応じ…

(Yahoo!ニュースより)

という一文で笑っちゃったのです。

いや別に同意してもらいたいんじゃなくて、個人的にツボったんで。

自分の中ではお色気熟女系に分類される秋吉さんとあのお気楽な音楽が結びつかなかっただけなんです。

たんたーた たんたーた たーんたーん たたたたたたたーん♪

たんたーた たんたーた たんたん たたたたたったたたたたたたたたん♪←この辺適当

| | コメント (0) | トラックバック (0)

意外なつながり

タレントの「さかなクン」。

勝手に、頭がよくてけっこういい人、だと思っています。魚の知識は半端ないし、何よりも魚を慈しむ心を忘れていないと思うのです。あのハイテンションはきっとキャラを作っているんだと思うのです。

そんな彼ともげの意外なつながり。

生年月日が同じ。

クラリネット吹き(彼は元、だけど)。

同じ団地に住んでいた。中学校はお隣。

知らなかった!知らなかったよ~~!

共通点多いよ!多すぎだよアンタ!

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »