« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »

卒業式

久しぶりに「学校へ行こう!MAX」などを見ておりましたら、知っている中学校の吹奏楽部の話題をやっていました。

顧問の先生が転任+校長先生が退職になるのに合わせ、定期演奏会で自分達だけでなく先生方の卒業式もやろうという企画でした。

サプライズで卒業生たちとV6のメンバーが飛び入りして大盛り上がりでした。

そして涙のラスト。

泣いちゃって吹けなくなっている子続出…先生も卒業生も涙を拭いていました。

もげもティッシュを大量消費しました。

今の楽団はもちろん楽しいです。苦労もしています。

でも、中学、高校でやっていた時の気持ちって、また全然違うんですよね。

ちょっと懐かしく思い、リアルタイムで経験した中学生にちょっぴり嫉妬もしたのでした。

| | コメント (4)

90度

仕事場の中をすたすた歩いていたら、サンダルが脱げたんです。

足を後ろに引いた瞬間?にぽーんと飛んだんです。

そのままの勢いで足を前に出したら、机の角に足をぶつけたんです。

サンダルがあればなんてことない一瞬だったはずだったのですが、

うっかりサンダルが脱げたタイミングだったので大変なことになりました。

続きを読む "90度"

| | コメント (3)

笑えない

都内某所。相方と相方祖母と車で通行中。

選挙を控えて街ではかしましいウグイス嬢(今はウグイスなんて言うのかな?)の声が響き渡っています。

某党の候補者は商店街の真ん中で演説中。支援者が群がっているせいもあって車はほとんど通行不能状態。選対委員らしい人が必死に交通整理をしていましたが、何しろ素人なのでまるで役立たず。頭を下げられても、何の権限があって公道を塞いでいるのでしょうか。もし投票権があったらその候補者には絶対入れないでしょう。

道が狭いのに強引に入り込む選挙カー。その間も大音量で「○○に一票を!」と通り一辺倒なアナウンスを流し続けます。ギリギリですれ違う立場としては神経を逆なですること請け合いです。

また向こうから選挙カーが。いい加減にしろよ!と思いながら中にいる候補者を睨み付け

は?

中にいたのはネコ耳+ピンクのメイド服の人物。

すれ違った一瞬だったので誰だかわからず、選挙カーのてっぺんを見て、あぁ、と納得しました。

ええ、メイド服だったのは候補者ご本人様でした。

いつもだったら「きんもー★」とか言って相方と祖母と大笑いするところだったのですが。

続きを読む "笑えない"

| | コメント (2)

ありがち

「雰囲気」を「ふいんき」。

「店員」を「ていいん」。

「マサチューセッツ州」を「マチャスーセッツ州」。

「峰竜太」と「竜雷太」。

よくある間違いです。

今日買い物をしていたら、春野菜がずいぶん安くなっていました。

トマトのそばに、ていいんさんじゃなくて店員さんが書いたと思しき能書き札。

「ピコリンたっぷり!」

ほうほうピコリンいっぱいとは体にいいねえ、せっかくだからこのピコリンたっぷりのトマトを買ってみようかねえ、と思いながらふと。

あれ?ピコリンだっけ?と思ったわけです。

お昼のもんたよしのり、じゃなくてみのもんたさんの番組をたまにチェックするもげは、トマトに含まれる栄養素が抗酸化作用があるとかいうことを知っていたわけです。

正解は「リコピン」でした。

まぁ、可愛いから「ピコリン」もありだとは思いますが。

ゲームだったのはピクミン。ナノの下はピコ。よその星から来たのはゆうこりん。

オチがなかったのは内緒です。

携帯で写真を撮ろうとしたらていいんさんじゃなくて店員さん(しつこい)に思いっきり不審者を見る目で睨まれたのでやめました。

| | コメント (1)

電王

相方が「仮面ライダー電王」にはまっています。見れないと録画までして見ています。

ああいうものに心惹かれるということはお子ちゃまなのか少年の心を失っていないのか…

もげも見てみましたが、イケメン(死語)ばかりを集めてややこしく子供には理解不能なストーリーを作っているのではなく、比較的話がわかりやすいし、たまに主人公のライダーがが負けたりすることもあるらしくなかなか面白いのです。

HPを見るのがメンドクセ、という方のためにちょっと解説しますと、ある男の子に「イマジン」と呼ばれる存在が憑依してライダーとなり敵である別の「イマジン」と戦うわけです。

簡単すぎましたかね。

で、憑依するイマジンは今のところ3体登場しているのです。

モモタロウをイメージした「モモタロス」、浦島太郎をイメージした「ウラタロス」、金太郎をイメージした「キンタロス」…

でですね。

もう一人のイマジンが登場する予定なのですが、そやつが「何タロス」と名乗るのかが心配で仕方がないのです。

今までの3人の命名の流れから行くと、「~タロウ」という日本の昔ばなしの主人公から名前を取るであろうことが予想されます。

しかし、もげの知識を総動員すると、思い当たる「~タロウ」はあと一人しかいないのです。

垢太郎。

あれですよ

長いことお風呂に入ってないおじいさんとおばあさんが自分らの垢で人形をこしらえたらあらびっくり人間になっちゃいましたよみたいな話ですよ。

アカタロス!

強いかなぁ…

強いとかいう前にばっちぃなぁ…

必殺技とかすごい汚そうですよね。「垢ボンバー!」みたいな。

非常に続きが気になるので、今後もチェックしていこうと思います。

| | コメント (4)

ハスキーボイス

というのに昔っから憧れがあるんです。

自分の顔(以前勤めていた会社で開かれた「男顔選手権」でぶっち切りの1位を獲得した経験あり)と実際の声に納得がいっていないというのもあるかもしれません。

性格はオトメですけど♪うふ♪なんて言いませんよ、ただのネクラですから。

数日前、風邪を引いて喉をやられ、ただいま超ハスキーボイス、というか声かすれ中です。

これはこれで苦しい。大笑いすると「イィヒィイヒイ」みたいな犬のケンケンみたいな音声を発してしまうし、ご飯を作りながら鼻歌を歌うと高音が出ず「さくら~ヒィラヒィラ~げほげほげほげ」と音楽屋としては非常に不本意な状況に陥るわけです。

咳もひどいので、楽器を吹くのにも支障が出そう…

あっ!次の練習は1日だった…何とかせな。

ついでに選挙も行かなくちゃ!

| | コメント (0)

« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »