« スリーエス | トップページ | ピータールー »

ズキュンとくる音楽

今日は定期演奏会をやる会場で練習でした。広い会場だとみんな勝手が違うのか、最初はどうなることかと思いましたが、だんだん慣れてきたら音が出てきた…のはいいんですが、やはりちゃんとしたホールだとアラが目立ってしょうがなく「あちゃー」と思う場面も。あと3回の練習でどう調整できるか…自分も含め最後の追い込みを頑張らなくてはと思ったのでした。

で、帰ってきてご飯を食べながら適当にテレビをつけたら、ジャズ歌手の綾戸智絵さんがゲストになっているトーク番組をやっていました。

彼女が語る音楽哲学はなるほどと思うことが多く「へー」とか「ほー」とか思いながら聞いていたんですが、特にはっとさせられたのは、

『自分(の音楽)は自分ではわからない。鏡に映しても反対の姿しか見えない。自分の正面の姿(=音楽)はお客さんしか見て(聞いて)くれない』という言葉でした。

彼女はコンサートの後でスタッフの人をこっそりロビーに行かせ、お客さんの生の感想を聞いてきてもらって後々に生かしたりしているそうです。

音楽は聞いてくれる人がいてナンボのところが多々あります。自分達さえよければいいという音楽では、たぶんどんなにうまくやったとしても感動は生まれないと思うのです。

テクニック的にイマイチでもすごく感動した音楽に何回か接したことがあります。何がどうよかったのかは自分でもうまく説明できないのですが、とにかく演奏している人たちに嫉妬するくらい感動したのです。

聞いてくれる人の心に訴えかける音楽ができなきゃ意味がないということを改めて噛み締めたわけです。

|

« スリーエス | トップページ | ピータールー »

「音楽(ノンカテゴリ)」カテゴリの記事

コメント

説得力のある音楽、カルロス・クライバーのように…。

投稿: take | 2007年5月28日 (月) 08時44分

>もげさん

こんばんは、
私は綾戸智絵のコンサ-トに2回行った事があるのですがト-クも唄も直ぐに彼女の世界に引き込まれてしまいました。笑って涙、聴き入って涙です。ほんとお客様の大切にしていると感じてしまいます。自分達もそんな唄を歌いたいですね。

投稿: A滋郎 | 2007年5月28日 (月) 23時41分

>takeさま
クライバーの音楽は賛否両論あるようですが、説得力にかけてはぴか一ですよね。なんか難しい顔をして聞いてしまいます…

>A滋郎さま
おお!生綾戸さんを聞いたことがあるんですね。トークも面白いし、笑って感動してお腹一杯になれそう…彼女の声は力強いですね。元気が出ます!

投稿: もげ | 2007年5月29日 (火) 21時52分

クライバーのニュー・イヤーは最高っす!!

投稿: take | 2007年5月29日 (火) 21時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« スリーエス | トップページ | ピータールー »