« 人参ケーキと私 | トップページ | ひとりごと »

引越し祭(チョイス編)

年明けに書いた気がするんですが、諸事情により今の住処を出て行くことになっています。定期借家という契約を結んでいたので、期限が来たら問答無用で出なくてはいけないのです。

初めての「愛の巣」(笑)。期限付きということもあって家賃が格安であること、立地や設備がありえないほどいい(コンビニ、スーパー、病院が目の前、駅まで徒歩圏内、最上階、部屋数が多くて広い、眺め良し、日当たり最高。敢えて難を言えば築年数が古くて内装が昭和仕様)ところだったので、これを基準にして今の家賃をキープしてあまり遠くに行かずに済ませるのは不可能。ということで何かを諦めなくてはいけないのですが、やはりこれだけいいところで3年近くも暮らしてしまうと、マイナス要素の負担は予想以上に大きくなりそうな気がするのです。といっても現実は厳しいわけで、①家賃をできるだけ上げずに済み②最寄り駅から何とか徒歩で行け③相方の職場に少しでも近づけることを最重要ポイントとして物件探しを始めました。

「できるだけ」「何とか」「少しでも」ってあたりに逃げの要素が残ってたりして…(;´Д`)

先読みができなかった結果、家具や持ち物が多くなってしまい、大前提としてそれを納められるキャパシティを持っている部屋を探さなくてはいけないのですが、探しているエリアが人気のある私鉄沿線ということもあって、数が限られてきてしまうようです。

ネットで条件をしぼって検索し、めぼしいものがあったら不動産屋に連絡を取って物件を見せてもらう、というスタイルで1日かけて見て回りましたが、駅に近くて眺めが最高!と思ったら家賃が割高だったり、新築で部屋が選び放題だと思ったらものすごい僻地だったり、家賃が今より下がる!と思ったらとんでもないあばら家だったり、玄関からお風呂場が丸見えっぽかったり、なかなか思うような物件が見つからないのです。

上で書いた条件はもちろんですが、やはり仮の姿は主婦であるもげ側にもこだわりがあるわけで、しかしこだわりすぎていたら「もう自分らで家建てればいいじゃん」みたいな流れになりそうですし、稼ぎ頭である相方が楽に通勤できる場所のほうが後々幸せになれるのは間違いないので、どこの山奥だ!?という場所にあるリノベーション物件(内装ピカピカ。収納たっぷり。お風呂広々。システムキッチンは垂涎もの)を相方が「ここは遠すぎるなぁ」と却下気味に評価したのに内心溜息をつきながら「そうだね…」などと返事してしまうのでした。

まぁ、相方の通勤が遠くなってしまうと、毎日送り迎えが必要になる(今は時々やっていますが)可能性があるので、そうなると結果的にはもげもちょいと大変になるんですが。通勤時間を犠牲にするのはマイホームなんぞを持ってからやればいいことなんでしょうし、そんなところでお互いに気を使いあうのも疲れちゃいますしね。

というわけで、最後のほうにはどこがどういう場所でどんな間取りだったかごっちゃになってしまったわけですが、いいな、と思う物件はあったものの決定的な決め手がなく、決定は次回以降に持ち越しとなりました。

といってももたもたしていると契約期限が切れてしまうので、最後は思い切りが大事なのかな、と思っていたりもします。我慢できるところは我慢して家賃をおさえることができたら貯金もできますしね!というのは今の家を仲介してくれた不動産屋のおばちゃんの意見なんですが。

それと、家を見て回るときは天気が悪いときのほうがいいみたいですね。過ごしづらいときに家の中や周辺がどんな状態になるか、暮らしていく上では大切なことですし。マジで黴臭い部屋とかありましたしね~。

来月下旬~8月上旬には転居したいと思っています。楽団の皆さまには大事な時期にご迷惑をおかけすることも多くなると思いますが、練習には可能な限り参加するつもりです。ご了解よろしくお願いいたします…

|

« 人参ケーキと私 | トップページ | ひとりごと »

「日常」カテゴリの記事

コメント

お家探し大変ですよね。人気沿線で駅から徒歩圏だと家賃が高いし・・。
でも夏は春の引越しシーズンに比べると条件のいい物件が多いみたいですね。
私は6年前住処を探ししていた時、諸事情で保証人がつけられなくて保証人がいる人の10倍大変でした。なので今の家を見つけた不動産屋さんには本当感謝してます。

投稿: ともこ@鶏のくわ焼きにはまっている | 2007年6月25日 (月) 22時45分

一人暮らしとなるといろいろ気をつけないといけないことも多いですし、よけい大変そうですね。いい不動産屋さんと巡りあえるだけでもぜんぜん違う!というのは今回でひしひしと感じました…

投稿: もげ | 2007年6月27日 (水) 09時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 人参ケーキと私 | トップページ | ひとりごと »