« バトン。 | トップページ | 32 »

30年…

仕事をしていて思うのは、結局大事なことって人と人とのつながりだなってことなのです。

売り手と買い手の間にいい関係ができれば、お互い取引を続けることができるし、一度不信感を持ってしまうとそれを払拭するのはけっこう時間がかかります。

最近会社で手がけている大きな物件が頓挫しそうになっているのです。

あるところで仕事をやりたいと話が持ち上がり、別の会社を経由してもげのいる会社に依頼がかかったのでさっそく準備をして打ち合わせに臨んだのですが…

お客さんの一番偉い人が「●●(もげのいる会社)には頼まない!」と言い出したらしいのです。条件はぎりぎりに切り詰め、こっちの利益を最低限に抑えてあるかなり良心的な提案だというのに。

その偉い人。30年前にもげのいる会社に仕事を頼んだことがあるらしいのです。その時にひどい目にあったことがあるとかで、今でも恨んでいるということなのです。

まぁ、そのひどい目というのも相手が8割方悪いんですがね。

とにかくそんな状況なので、プロジェクトを組んで予算まで立ててしまったこちらとしては困り果てているという次第なのです。

それにしても30年も恨みつづけるってすごいというかねちっこいというか…

仕事に私情を挟まないほうがいいとは思うのですが、相手の気持ちからすると無理もないかもしれないです。30年前にこちらの責任者だった人はとうに亡くなってしまっているし、こっちはかなりおいしい提案を出してるんだし、なんとか堪えてくれないかなぁ…と思うこの頃です。

それにね。

その打ち合わせのための膨大な資料は、もげがほとんど作ったんですよ。1ヶ月近くかけて。もげのためにも、堪えてくれないかなぁ…

|

« バトン。 | トップページ | 32 »

「日常」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« バトン。 | トップページ | 32 »